住宅ローンや車のローンが残っているうちに

住宅ローンや車のローンが残っているうちに借り手が自己破産という事態になれば、返済途中のローンは解約となり、少しでも借りたお金を返すために家はもちろん車も売ることになるか、でなければ競売にかけられるものです。
但し自己破産以外の個人再生や任意整理では、そのような債務の契約は継続されるので、今まで通り支払う必要があります。返すのために売却することはないので、おそらく自己破産から来る誤った認識が広まっているのでしょう。全てのお金の借入がなくなるのが自己破産の制度となるのです。借金に苦しむ方には喜ばしいことですよね。ただし、メリットばかりではありません。当然、デメリットもあるのです。

車や家といった財産は全部手放してしまわなければいけません。

そうして、十年間程度はブラックリストに載ってしまう為、新しい借金はできなくなります。
債務整理を弁護士、司法書士にして貰うとき、最初に考えるのは着手金そして以降かかる費用のことです。着手金の平均的な金額は一社二万円といっ立ところとなっているのです。

中には着手金0円を掲げる弁護士事務所も目にしますが、これは過払い金がある人だけが対象ですから、依頼時に注意が必要です。

誤解している方が多いので説明しますが、自己破産をすると、申立日から免責の決定日までには職業や就業に支障が出ることがあります。 立とえば弁護士、税理士、司法書士などです。

これらの職種についている人は、手つづき開始から免責決定までの期間中は就労できないのです。
時間的には数ヶ月といっ立ところでしょう。ただし、自己破産以外の債務を整理の場合は、職業や資格の規制はありません。
自己破産によるデメリット