債務を整理すると、結婚をした時に影響があるの

債務を整理すると、結婚をした時に影響があるのではないかと案じている人がいますが、債務整理をしなくて、多額の借りたお金を抱えているほうが問題です。債務を整理をした為に結婚に影響するデメリットとして挙げられるのは、家を建てる場合、債務を整理後、7年間は住宅ローンを借りられない事です。7年間以上あけるとローンが組めます。債務整理手続きを取るには、その道の専門家である弁護士や司法書士に依頼しなければなりません。

こうした依頼をするのならば、依頼料などを用意しなければなりませんが、お金を用意できなければ依頼できないと思って諦める人もいるようです。このような方に知って頂きたいのですが、このようなお金は分割や後払いでも支払うことができるはずです。

弁護士に依頼したその時に請求される、というようなことは、まずありえませんから、依頼の際にお金のことはあまり心配せずに済みます。

よく質問されるのですが、弁護士以外にも、司法書士でも債務整理は可能です。

とはいうものの、原則140万円以下の債務に限るという制限があるため、手続きを開始した時点で延滞料などをふくめた債務が140万円を超えた場合は、依頼をうけた司法書士でも減額交渉ができなくなってしまうのです。したがって、司法書士に債務整理の依頼を出す場合は債務額の掌握というのが不可欠です。 可能だったら、弁護士に借りたお金の整理の相談をしましょう。
1社あたり140万円以上の債務があるような債務を整理には、司法書士は関与できません。でも、弁護士に依頼すれば、このような制限を気にする必要がありません。

また、実際の訴訟においても、弁護士の方が印象が良いです。さらに、弁護士にお願いした場合は、依頼したその日のうちに、債権者からのしつこい取りたてを止めて貰うことも不可能ではありません。

借りたお金がかさんで債務整理を考えていたのですが、家族に発覚することが不安でした。

本当は任意整理をして債務を何とかしようと考えていたのですが、その時点で結構の債務額になっていたため弁護士と相談して個人再生をおこないました。所有していた車は趣味の範囲ということで処分を求められましたが、自宅を処分せずに済んだのは不幸中の幸いでした。最終的に、債務は相当減らすことができましたし、家族に対して借金のう知ろめたさを感じず済むようになったので、スッキリした気持ちです。